サービスメニュー

◆鍼 灸◆

鍼灸は中国で生まれ、すでに数千年の歴史があります。
「鍼」は金属製の鍼を人体のツボに刺して、
体内の気と血液のバランスをとり、経絡の通りを促します。
「灸」はヨモギをツボの上にのせて火をつけ、
温熱の効果を利用して生理機能の調整を促します。
鍼灸の効能については、WHOが頭痛や胃痛、五十肩など
43種類の症状に効果があると認定しています。
また、鍼灸は健康的なダイエットにも効果があります。

鍼灸を受ける際の注意事項
1.リラックスする。体を動かしたり寝返りを打ったりしない。
2.空腹時や喉が渇いている時、食直後、極めて眠い時を避ける。
3.治療後、皮下出血や青く腫れても、数日後に自然とおさまる。
4.治療後、過度の疲労やだるさや痛みを感じても、自然の反応なので心配はいりません。
5.慢性病は長期治療が必要で、毎週少なくとも2〜3回の治療が妥当。
鍼灸は中国で生まれ、すでに数千年の歴史があります。
「鍼」は金属製の鍼を人体のツボに刺して、
体内の気と血液のバランスをとり、経絡の通りを促します。
「灸」はヨモギをツボの上にのせて火をつけ、
温熱の効果を利用して生理機能の調整を促します。
鍼灸の効能については、WHOが頭痛や胃痛、五十肩など
43種類の症状に効果があると認定しています。
また、鍼灸は健康的なダイエットにも効果があります。

鍼灸を受ける際の注意事項
1.リラックスする。体を動かしたり寝返りを打ったりしない。
2.空腹時や喉が渇いている時、食直後、極めて眠い時を避ける。
3.治療後、皮下出血や青く腫れても、数日後に自然とおさまる。
4.治療後、過度の疲労やだるさや痛みを感じても、自然の反応なので心配はいりません。
5.慢性病は長期治療が必要で、毎週少なくとも2〜3回の治療が妥当。























△ページトップへ